(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題

  • 深見康
  • 2018/06/28 (Thu) 17:30:49
①古典的自由主義と新自由主義
この2つの社会体制を今一度比較して、どのように民衆は扱われ、それが現代にどのように変化していったか、また良い点悪い点を研究すると面白いと思ったため。
②産業革命論争
前に産業革命について詳しく調べたことがあったためこの言葉に興味を持った。その上で断絶連続、悲観楽観説を調べ直し、それらには他国がどのように関わってくるのか、絡めながら研究すると面白いと思ったため。
③戦後復興の道のり
第2次世界大戦後の国際協調について構想された枠組み通りにはいかなかったという。大西洋憲章や様々な機関が設立されたにもかかわらず、構想された通りにいかなかった理由をさらに詳しく探りたいと思ったため。

共同研究テーマ

  • 簗田崇
  • 2018/06/28 (Thu) 13:24:07
1,総力戦について、他の国ではどうだったのか
第21章の中で総力戦についてイギリス、ドイツ、オーストリア=ハンガリー帝国のことが書かれていたが、他の国ではどうだったのか、具体的にどのようなことが行われたのかについて興味を持ち、調べてみたいと思いました。
2,今後人類はどの様に生きて行けば生き残ることができるのか
第23章で自然の自己調節能力を越えるところまで人類の経済活動は到達してしまったと書いてあるが、私たち人類がどの様に生きていけばこの問題に対応して行けるのかに興味を持ち、調べてみたいと思いました。
3,効率的な分業について
第2章で効率的な分業について書いてあったが、具体的にどのような企業がどのような方法で行っているのかに興味を持ったので調べてみたいと思いました。

共同研究テーマ設定

  • 大友潤
  • 2018/06/28 (Thu) 11:17:08
1 自然の有限性の問題
現代社会は過去の自然に依拠していたり、自然の有限性という問題を先延ばしにしているに過ぎないので具体的な解決法だったりを話し合うと面白いと感じた。
2 第二次世界大戦後の国際協調
ケインズ案とホワイト案など、国際経済について考えてみると面白いと感じた。
3 介入的自由主義と古典的自由主義
これらの思想を踏まえたうえで、これらの態度が経済や社会にどう反映、影響するのかを自分なりに考えてみたいと感じた。

共同研究のテーマ

  • 相澤俊希
  • 2018/06/28 (Thu) 11:01:41
1 資本主義と社会主義
資本主義国の方が豊かなイメージがあるが、どのように豊かさに違いが生まれるのか調べたいと思った。

2持続可能な社会
16章において、今の社会は自然に依存していて、資源を使い果たすかもしれないと学んだので、持続可能な社会はつくることが可能なのか調べたいと思った。

3 モラルエコノミーについて
今回の輪読において最も印象に残った話題なのでほかのモラルエコノミーにどんなものがあるか、もっと詳しく調べたいと思った。

テーマと理由

  • 片野俊介
  • 2018/06/28 (Thu) 10:55:08
①産業革命論争
産業革命について昨年は調べ、13章を読んだ上で自分の中で連続/悲観説が正しいと考えたが、先生の断絶や楽観説の話を聞いて考え方がまた変わった。また、GDP成長率と人口増加率についても研究者によって差異が大きかったりと自分にとって1番興味深い章であったため、これらを調べた上で産業革命が断絶的、連続的どちらと言えるのか。そして楽観説と悲観説どちらであったと言えるのか調べてみたいと思ったから。
②前近代・近世の成長
12章は自分が発表したとこだが、各地域GDPの百年当たりの成長率などについてあまり触れなかったため、なぜこのような経済成長が起こったのかをもっと詳しく調べたいと思ったため。
③ケインズ案とホワイト案
ゼミ内でも話し合ったが、国際決済通貨バンコールやIMFなど理解が半端だっため調べ、調べ、2つの案を比較し、歴史的背景以外にも改めてどちらの案が採用されるべきだったのか調べてみたいと思ったから。

共同研究のテーマと理由

  • 北浦勇貴
  • 2018/06/28 (Thu) 10:19:59
①介入的自由主義と自由
介入的自由主義はエリートが幸福へ誘導するとされていたり、集団の形成を半ば強制されていたりと一見すると自由とは呼べないようなことが述べられていたので、ここにおける自由とは何なのか調べてみたいと思った。
②戦争と国家
戦争が起こると特需といったような経済が成長を見せることがある一方で総力戦のような自国民を強制的に動かすような面もあって、戦争が国家にもたらすいい影響悪い影響をまとめてみたいと思った。
③資本主義と社会主義
現代では資本主義が勝利をした形で、ほとんどの国が資本主義をとっているが、社会主義が資本主義に勝る可能性はあったのか、あったなら社会主義の国はどこで間違えてしまったのか調べてみたいと思った。

テーマとその理由

  • 飯野恭平
  • 2018/06/28 (Thu) 09:28:21
1)効率的な分業
現代でも、仕事の場などでは分業が行われているが、分業をする際での注意すべき点や、1人で全ての作業をする場合と分業をして複数人で作業をする場合の作業効率の違いや労働生産性の違いなどについて詳しく調べたいと思った。
2)3つの自由主義の特徴、違いについて
古典的自由主義、介入的自由主義、そして「ネオ・リベラリズム」という新自由主義の3つが後半の章で述べられていたが、ゼミの話し合いでそれぞれの特徴などについて話したが、あまり詳しく知ることが出来なかったのと、新自由主義について理解することが出来なかったのでこの機会に詳しく調べ、理解を深めたいと思った。
3)自然の有限性について
現在使用している化石燃料などの資源は、際限があるため、いずれなくなってしまうが、それがなくなってしまったら、太陽光などの再生可能エネルギーだけで、石油、石炭などの化石燃料の資源の分の原動力を賄えるのか、化石燃料と再生可能エネルギーのエネルギー効率の違いなどに着目して調べてみたいと思った。

無題

  • 友定亮輔
  • 2018/06/28 (Thu) 09:25:43
①経済発展と環境保護
環境問題を引き起こす原因は経済活動にある場合が多いが、経済成長と環境保護の両立は可能か調べてみたいと思った。
②資本主義の問題点について
現在ではいずれの国も資本主義に転換しているが、資本主義の矛盾を指摘する議論が多い。資本主義が抱える問題点と解決案について調べれば面白いと思った。
③ホワイト案について
現在ではホワイト案に近いIMFとIBRDが設立されているが、それらの役割や問題点について調べたいと思った。

無題

  • 西 幸士郎
  • 2018/06/28 (Thu) 09:09:01
ケインズ案とホワイト案
戦後の国際取引を可能にする通貨制度は重要視されるべきだと思うし、授業内であまり理解を深められなかったから
資本主義、市場経済の起源
経済史ひいては経済学を学ぶ上で根幹をなす内容の一つであり、その重要性が高いと考えたため。
際限のない欲望に関して
本書において多岐にわたって使用され、一種のキーワードになっているこの用語について理解を深めたいと考えたため

テーマとその理由

  • 穴山皓大
  • 2018/06/28 (Thu) 08:34:31
「前近代から近代への移行」
理由:前近代から近代への移行を調べることによって、人間関係を構成する原理の変化や、分業の編成原理が、貨幣が媒介する仕方になるという変化について理解できるのでよいと思った。

「第1のグローバル経済と植民地」
理由:第2のグローバル経済よりも第1のグローバル経済の方がより安定的である理由がなぜ植民地にあるのか興味を持ったため。
「戦争と経済の影響」
理由:第2次世界大戦の原因が第1次世界大戦後の経済の影響にあるとあったのでどのような影響があったか知りたいと思ったため。